ポスター印刷

ポスターを印刷する時のサイズの選び方

一口にポスター、と言っても、その目的によって、サイズは大きく変わります。

例えば野外に掲示するようなポスターであれば、そのサイズは、歩行者が見るのか、運転してる運転席から見る事を想定するかで、文字のサイズ、ポスター自体のサイズは大きく変わります。

勿論、風雨に晒される事を想定するので、紙の質からして大きく変えなければなりません。

社内で使ったりする、トイレを綺麗に使いましょう、といったようなポスターであれば、印刷会社を利用しなくとも、ポスターの内容が伝わりさえすれば問題無いので、自前で作成する事も出来ます。

しかし、色使いを間違えると、インクのコストもバカになりませんし、通常のコピー用紙では、長期間の使用に耐える事は難しいので、やはり印刷は印刷業者に任せた方が、結局お金がかからない場合もあります。

さて、重要なサイズの選び方ですが、社内掲示用で、要は利益が関係するのであれば、誰でもが目に付き、シンプルに頭の中に入ってくるインパクトのある色使いや、大きさが大切になります。

大きければ良い、というものでもありませんが、遠くからも目に入るようにするにはやはり、大きくする必要があります。

例えば、カレンダー等を想像してみれば、その大きさについて考える事が容易になります。

卓上カレンダーであれば、決まった大きさがあります。大きすぎても、卓上に置けなかったり、近くで使うものですから、使いづらくなってしまいます。このように、身近にあるものから考えて見る事が大切です。

ポスター印刷は用途に応じた用紙の選択が大事です

ポスターを印刷しようと思った時、まず考えなくてはいけないのはサイズと用紙の選択です。ポスターのデザインや内容ももちろん大事ですがどこに貼るのか... 続きを読む